SOCIAL MEDIA

2017年8月10日木曜日

危険なチャイルドシートの見分け方

昨年から、未認証の「チャイルドシート」が問題になっていますね。
チャイルドシートは、その構造や性能などについて、保安基準への適合が義務づけられています。
チャイルドシートの保安基準適合マークが表示されていないものを詳しく調査したところ、これらは極端に強度が低く、本体の大部分が布製で事故等による衝撃を吸収する機能はないものでした。
保安基準適合マークが表示されていないチャイルドシートの衝突実験を行ったところ、固定金具は壊れ、ダミー人形は前方に放りだされていました。また、ダミー人形が放出されなくても腹部などを強く圧迫して、重篤な傷害を及ぼすおそれがあります。

お子様の安全を脅かす未認証チャイルドシートにご注意! - 国土交通省 http://www.carmate.co.jp/news/2017/06/29/001190367.pdf




国土交通省で未認証品の検証を行ったところ、安全基準の要件を満たしておらず、衝突試験でダミー人形が放り出されたものもありました。
(↓の動画の1:30あたりから)




未認証品は主にネットで販売されており、

・ほぼ全体が布製である。
・認可マークの記載がない。

などの特徴があります。
ネットの画像でわかりにくい場合は販売者に認可番号を問い合わせてみるといいでしょう。
認可品であれば「E*-******」(*は数字。例えば「E8-047665」など)のいずれかの形式で認可番号が本体に記載されています。



【国土交通省】未認証チャイルドシートにご注意!|チャイルドシートコーナー

チャイルドシートの重要性や未認証品の危険性についての啓発ビデオを公開しました~~チャイルドシートの重要性や未認証品の危険性についての啓発ビデオを公開しました~  チャイルドシートは、基準に適合したものを正しく使用しなければ大切なお子様の命は守れません。国土交通省では、インターネット通販において、国の安全基準に適合している事を示すマークが表示されていないチャイルドシート(未認証チャイルドシート)が販売されている事を受け、実際に販売されている7製品を購入して、検証を行ったところ、国の安全基準に適合していないことを確認しました。