2017年7月21日金曜日

チャイルドシートをがっちり取り付ける裏技

今回は、シートベルトで固定するタイプのチャイルドシートをがっちり取り付ける裏技をご紹介します。
裏技なので車種によっては使えない場合もあります。その点はご了承ください。



まずは基本を確認

シートベルト固定式のチャイルドシート取り付けの基本は「クルマのシート座面に沈み込ませたまま、シートベルトで締め付けること」です。


上から体重を掛けてシートに沈み込ませながら、シートベルトで締めます。

後向き取り付けの場合

前向き取り付けの場合



そして裏技

この基本を押さえた上で「増し締め」をする方法です。
取り付ける座席(後部席)がリクライニングする車種で使えます。



① 取り付ける前に、クルマのシート背もたれを少し倒しておきます。




② チャイルドシートをしっかり取り付けてから、クルマのシート背もたれを引き起こします。
(シート背もたれが座面側に倒れてくる場合はチャイルドシートの締め付け不足です。もう一度 ①に戻って締め直してください。)


こうするとテコの原理で効果的に固定できます。

前向き取り付けでも後向き取り付けでも使える方法です。
締め付け具合が不安な方は一度お試しください。


(注意)
取扱説明書の内容に従ってしっかり取り付けられていることが前提です。